選択可能な出口圧力を有する油ポンプ

Abstract

内燃機関の油ポンプ潤滑システムにおいて使用するための油圧力安全弁は、油ポンプの出口圧力と、制御部材、好ましくは機関制御モジュールによって作動される二方弁によって選択的にかけられる、パイロット弁からのパイロット圧力との両方によって制御される。パイロット弁は、油ポンプの出口圧力または機関ギャラリ圧力の一方を制御部材に選択的に供給し、制御部材は、パイロット弁圧力を単一のピストンを有する油ポンプ圧力安全弁に選択的に供給する。パイロット弁は、圧力安全弁からの背圧を選択的に制御し、かつ機関ギャラリ内の変化による油圧力の変化を管理するための第1および第2のピストンを含み、それによって制御部材がパイロット弁を圧力安全弁に連結させたとき、油ポンプ速度が増大するときでも事実上一定の圧力を維持して、燃料の経済的利益および油ポンプ圧力の改良された制御をもたらす。 【選択図】図1

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (5)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2008309016-ADecember 25, 2008Toyota Motor Corp, トヨタ自動車株式会社Hydraulic control device
      JP-2009222035-AOctober 01, 2009Toyota Motor Corp, トヨタ自動車株式会社Oil pressure regulating device
      JP-H0610635-AJanuary 18, 1994Nissan Motor Co Ltd, 日産自動車株式会社可変動弁機構付き機関の油圧供給装置
      JP-H0988533-AMarch 31, 1997Tokyo Buhin Kogyo Kk, 東京部品工業株式会社エンジン潤滑油供給装置
      US-2002172604-A1November 21, 2002Berger Alvin HenryVariable pressure oil pump

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle