大きな核酸をクローニングするためのアデノウイルスベクターを作製する手段

Abstract

本発明は、第3の核酸分子とも呼ばれる核酸分子に関し、前記第3の核酸分子は、 (1)以下のエレメント: (a)場合によりウイルスのゲノムの第1の部分と、 (b)ヌクレオチド配列、好ましくはゲノムヌクレオチド配列、または転写単位と、 (c)原核生物において調節活性を有する調節核酸配列と、 (d)正確に1つの部位特異的組換え部位と、 (e)陰性選択マーカーを提供するヌクレオチド配列と、 (f)(i)条件付き複製のための細菌ヌクレオチド配列、および(ii)陽性選択マーカーを提供するヌクレオチド配列を含む細菌ヌクレオチド配列単位と、 (g)場合により第1の制限部位と を含む核酸分子、または (2)配列番号6によるヌクレオチド配列を含む核酸分子、または (3)受託番号DSM23754でブダペスト条約に基づいてDSMZに寄託された生物中に含有される核酸分子と同一もしくは類似である核酸分子であって、好ましくは、前記生物中に含有される核酸分子は、異種核酸分子である核酸分子 を含み、 前記第3の核酸分子は、直鎖または環状分子のいずれかである。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (5)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2003512823-AApril 08, 2003アバンテイス・フアルマ・エス・アー組換えアデノウイルスおよびアデノウイルスライブラリーの調製
      JP-2004519245-AJuly 02, 2004フィリップ レブルシュ, 直哉 小林, 紀章 田中, 俊義 藤原, 敏範 都津川肝臓細胞の増殖方法、該方法により得られる肝臓細胞、およびその用途
      JP-2004532636-AOctober 28, 2004インヴィトロジェン コーポレーション核酸分子の単離に用いるための組成物および方法
      JP-2006506972-AMarch 02, 2006ジェネコポエイア・インコーポレイテッドcDNAクローンを迅速に発現させてスクリーニングするための方法および核酸ベクター
      US-2003054555-A1March 20, 2003Farmer Andrew Alan, Quinn Thomas PatrickSite specific recombinase based method for producing adenoviral vectors

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle