Use of dihydroimidazolones for treatment of epilepsy of dogs

イヌの癲癇の治療におけるジヒドロイミダゾロン類の使用

Abstract

【課題】イヌの癲癇の治療薬を提供すること。 【解決手段】イヌの癲癇の治療における置換ジヒドロイミダゾロン類、とりわけ[1-(4-クロロフェニル)-4-(4-モルホリニル)-2,5-ジヒドロ-1H-イミダゾール-2-オン] (AWD 131-138)またはその生理学上許容し得る塩の使用。 【選択図】なし
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a treatment agent of epilepsy in dogs.SOLUTION: The present invention relates to the use of substituted dihydroimidazolones, particularly [1-(4-chlorophenyl)-4-(4-morpholinyl)-2,5-dihydro-1H-imidazol-2-one] (AWD 131-138) or a physiologically acceptable salt thereof for the treatment of epilepsy in dogs.

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (3)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2001031566-AFebruary 06, 2001Taiyo Kagaku Co Ltd, 太陽化学株式会社Inhibitory composition for problematic behavior of pet
    JP-2002507211-AMarch 05, 2002ボード オブ リージェンツ,ザ ユニバーシティ オブ テキサス システムジヒドロホノキオール組成物の合成
    JP-2011068685-AApril 07, 2011Boehringer Ingelheim Vetmedica Gmbh, ベーリンガー インゲルハイム フェトメディカ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツングUse of dihydroimidazolones for the treatment of epilepsy in dogs

NO-Patent Citations (2)

    Title
    JPN5005008600; BIALER M: EPILEPSY RESEARCH V43 N1, 200101, P11-58
    JPN5005008602; ROSTOCK: DRUGS OF THE FUTURE V23 N3, 1998, P253-255

Cited By (1)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2016104817-AJune 09, 2016ベーリンガー インゲルハイム フェトメディカ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング, ベーリンガー インゲルハイム フェトメディカ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツングUse of dihydroimidazolones for treating epilepsy in dogs